ふらット乱れてきます。
最新トラックバック



最新記事



カウンター



カテゴリ



月別アーカイブ



プロフィール

ガッキー

Author:ガッキー
いろいろとタイトルを考えた結果こんな感じにおさまりました。


一応風間ゼミ2期生ゼミ長のブログとして作りました。


どーでもよいことを書くかもしれませんがあしからず。



最新コメント



YouTubeSS

developed by 遊ぶブログ



やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言



Lc.追いタイトル



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界が終るまでは
この一週間、論文論文論文論文論文


とISFJの中間論文の作成に追われておりました


そして今週末に行われる中間発表会に向けて今日は三回生ゼミ内で発表をしました


我々が研究しているのは「新型インフルエンザの情報共有と広域連携」について


小田垣家をシュミレーションとして挙げながら情報の食い違いによる問題を説明しました


発表後、非常に多くの意見を頂きありがとうございました


まだ政策の詳しい段階まで踏み込めていないのでこれからですね


また明日以降練り直したいと思います!


個人的にはプレゼンの時間が二分程短くなってしまったことが反省です


ついでにプレゼンの話で言うと(偉そうですが、関学班の方参考に。笑)


プレゼンの際に意識すべき点は相手にいかに分かり易く、また印象に残すように見せるかだと僕は思ってます


んなこたぁ当たり前だと思うかもしれませんがこれが結構難しい


ではどうすれば良いのか?


一言で片付ければ「慣れ」です


それでは身も蓋もないので詳しく


プレゼンの上手い人の特徴としては


?アイコンタクトがとれている

?声に抑揚がある

?話すテンポが絶妙

?体を使う

?時間内にきっちり終わらせる


の五点かなと思います


まず?について
アイコンタクトをとるには?


アイコンタクトの取れない原因はおそらくレジュメを見てしまうからでしょう


では何故レジュメを見るのか?内容が頭に入ってないまたは話す言葉を探しているという可能性が高いと思います


つまりプレゼン内容さえある程度覚えれば前を向くことは出来るはず!


そこからは今日K谷の言ってたように誰か一人目を合わせる人を決めるとか、風間先生の仰ったようにターゲットを数人決めてアイコンタクトをする等あると思います


あと僕の言った4ブロックに分ける方法ね(笑)


ちなみにK谷の言ってた方法は英語教師で有名な安河内哲也先生が「できる人の教え方」という本の中で紹介してました


曰く「大勢の生徒がいても一人の生徒に向かって教えるつもりで教壇に立つ」そうです


あと発表者は発表用資料を自分で作るのが良いかなと思います


その方が内容頭に入るし


次?と?について
声の抑揚と話のテンポ


これはある意味セットかなと感じだりします


一定のテンポ、抑揚のない喋りだと聞いてる方は眠くなってきます
まさに大学の講義です(風間先生の講義はもちろん別ですよ!)


でも普通に話せばそうなることは見えています


ではどうするのか?


一番簡単な方法は、自分の一番言いたいところはテンポをゆるめで声をやや大きくすることかな


人間興奮すると早口で大声になる性質があります


それをゆっくり話せば案外相手に伝わりやすかったりします


そしてそれを何回か繰り返して言うと相手の耳にも残ります


あとどうでもよい部分はテンポを速めて流す


重要な部分に時間を掛けて伝える。当たり前のことですが意外と何人かで発表すると忘れてしまうことがあるので今一度意識してみて下さい



?体を使うについて
いわゆるボディーラングエージです


これは注視率を上げる手段としてよく使います


やはり話を分かってもらうにはこっちを向いてもらわないといけない


人間は自然と動くものに気がいくようで、体の一部を動かせば気になって目がいきます


一番簡単の方法は手の指を使うことです


例えば「問題は二点あります。一つは…」


という下りの「二点」のところで指を二本立てる訳です


それだけでも「この人プレゼン上手いな」と思われるはずですよ


最後に?点目
決められた発表時間を守る


これは特に発表時間を過ぎないように注意しないといけません


授業を考えてみたら分かるんですが延長されるほど苦痛なものはありませんよね?


伝える側からしたら伝えたいことを伝えきる事は譲れないところです


ただ聞いてる側からすると「長いんだよ!」と思ってしまいます


きっちり時間内に終わらせることは実は大事なことです


時間内に終わらすには先ほど言ったようにどこを重点的に説明するか決まっていれば出来るはずです


今日の僕のように短か過ぎるのも考えものですが。汗


という感じで偉そうに長々と語ってしまいましたが私自身も全て出来ている訳ではありません


上手い人を見習いながら前に立つ練習をしてみて下さい


嗚呼打ちすぎて指が…
スポンサーサイト

コメント

今までいろんな政策立案コンテストに出てきたけれど、ISFJは恐れ多くて手を出せませんでした(笑
4期生がんばってください(←他人ごとw

プレゼン方法について。。。さすが塾コウ!
練習方法で、目の合ったフロアの人に手をあげてもらう、、、というのもあるらしい。
[2009/10/13 23:31] URL | F村 #- [ 編集 ]


ただ一言





どんまい。
[2009/10/14 18:55] URL | 介護体験中の小島 #- [ 編集 ]


>F村さん
ISFJの分析方法のアカデミックさに全くついていけないです笑
やはり経済学部からの参加者が多いようです。
目があった人から当てる心理はよく分かります
目が合う=少しでも好印象で見ている
というサインだと思うので当て易いです
[2009/10/16 04:43] URL | O田垣 #- [ 編集 ]


>K太
割とまめに五期生の自己紹介にコメントしている君に笑けましたw
[2009/10/16 04:45] URL | O田垣 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://gakioda.blog24.fc2.com/tb.php/26-6d4d3d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。